政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は3日の参院予算委員会で、新型コロナに関し「感染のリスクをゼロにすることはできないかもしれないが、社会、経済を回しながらコントロールすることは可能だ」と述べ、感染拡大を一定程度は制御できるとの認識を示した。

 同時に、緊急事態宣言解除後の感染拡大は接待を伴う飲食店から発生したと指摘。「これからも起きる可能性は十分考えられる。歓楽街に相談や検査が気楽に受けられる相談センターのようなものをつくってほしい」と政府に要望した。戦略的な検査拡充や重症化予防に必要な支援も求めた。