【ワシントン共同】米メディアは2日、新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、米疾病対策センター(CDC)が各地の保健当局に対して11月初めにも投与を始める想定で準備を進めるよう指示したと報じた。米国では製薬企業3社のワクチンが、それぞれ臨床試験の最終段階に進んでいる。

 ニューヨーク・タイムズ紙電子版などによると、CDCは8月下旬に全米50州と5都市の保健当局に文書を送り、11月初めにも2社のワクチン投与が可能になるシナリオを例示。企業名は明らかにしていないが、冷凍保存の条件などからモデルナとファイザーとみられる。