【ニューヨーク共同】米大リーグ、メッツなどで通算311勝を挙げ、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に3度輝いたトム・シーバーさんが新型コロナウイルス感染症と認知症により8月31日に死去したと2日、米国野球殿堂が発表した。75歳だった。

 本格派右腕として活躍したシーバーさんは「ミラクル・メッツ」と呼ばれた1969年に25勝を挙げてワールドシリーズを制覇。3度の最多勝、3度の最優秀防御率に輝きオールスター戦に12度選出された。92年に野球殿堂入り。

 86年までメッツなど4球団で通算656試合に登板。311勝205敗、防御率2・86、3640奪三振の記録を残した。