【ワシントン共同】米大統領選で争う共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領は11日、2001年の米中枢同時テロで旅客機が墜落した東部ペンシルベニア州シャンクスビルを訪れ、犠牲者を追悼する。ホワイトハウスとバイデン氏陣営が2日、発表した。同州は激戦州で、選挙を見越した動きとみられる。

 11日でテロから19年となるが、両氏の訪問時間が重なるかどうかは不明。ホワイトハウスの広報担当者はツイッターで、亡くなった人たちへの敬意を示すためトランプ氏とメラニア夫人が現地を訪れると説明した。トランプ氏は演説するとみられる。