【ワシントン共同】米議会予算局は2日、2020会計年度(19年10月~20年9月)の財政赤字が約3兆3千億ドル(約350兆円)になるとの見通しを発表した。赤字幅は過去最大で、国内総生産(GDP)比では16%となり、第2次世界大戦後で最悪の水準となる。新型コロナウイルスの巨額対策が響き、財政状況の厳しさが改めて鮮明になった。

 19年度末に79・2%だった債務残高のGDP比は、20年度末に98・2%となり米経済に相当する規模に跳ね上がる。21年度末に104%を超え、24年度末には107%に達すると予測した。