29日午後4時45分ごろ、神戸市東灘区住吉本町の路上で「建築資材が落ち、通行人に当たってけがをした」と作業員から119番があった。長さ約3・7m、重さ約14kgの金属製のパイプがマンションの工事現場から約16m落下し、当たった2人が負傷、うち44歳女性が首の骨を折る重傷を負った。意識はあるという。

 兵庫県警東灘署が業務上過失傷害の疑いで調べている。東灘署によると、当時は作業員6人で4階建てマンションの外壁工事のため金属パイプで足場を組んでいた。ワイヤで屋上に引き上げる際、フックが外れて落下した。女性のほか、通行人の男性(70)が右手の小指に打撲を負った。