オリックスは山本が自己最多の14三振を奪い、8回4安打無失点の快投で7勝目を挙げた。一回に吉田正の内野安打で先制し、二回に伏見の5号ソロ、五回に吉田正の適時打で加点した。西武は打線が振るわず、連勝が3で止まった。