【ユジノサハリンスク(ロシア極東サハリン州)共同】ロシア軍の東部軍管区は29日、クリール諸島(北方領土と千島列島)で、敵の上陸部隊による攻撃を想定した軍事演習を開始したと発表した。演習には1500人以上の将兵が参加し、計200の機関銃・砲兵装備などを使用した。

 菅義偉首相とロシアのプーチン大統領が初の電話会談を行う直前の演習で、日本へのけん制とも受け止められるが、東部軍管区によると、今月10日に千人が参加して行われた対上陸部隊演習の第2弾という。

 29日の演習は国後島や択捉島で行われ、無人航空機の飛来や電波妨害を受けた際の対処などを訓練した。