29日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=105円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比05銭円安ドル高の1ドル=105円39~40銭。ユーロは57銭円安ユーロ高の1ユーロ=123円06~10銭。

 海外の株価上昇を背景に投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが見られた。

 市場では「米大統領選に向けた第1回の候補者討論会を控え、様子見ムードが出ている」(外為ブローカー)との声があった。