【モスクワ共同】27日に勃発したアゼルバイジャンのナゴルノカラバフ自治州を巡る同国と隣国アルメニアの戦闘は28日も続き、戦車や大砲など重火器を用いた激しい攻撃の応酬となった。アルメニア側は自治州で兵士59人が死亡したと発表、アゼルバイジャン側は市民7人が死亡したとしている。双方の負傷者は数百人に上ったとみられる。

 自治州からの報道によると、実効支配するアルメニア人勢力は、27日にアゼルバイジャン軍に制圧された要衝を奪還したと主張。アルメニア軍がアゼルバイジャンを集中的に砲撃して支援しているようだ。