【ソウル共同】韓国の秋美愛法相の息子が兵役中の休暇取得で特別待遇を受けたとの疑惑を巡り、ソウル東部地検は28日、秋氏と息子をいずれも、嫌疑なしの不起訴処分とした。特別待遇を受けさせるような不正な働き掛けを捜査で確認できず、手続きは適切だったと説明している。

 保守系最大野党がこの疑惑を攻撃材料として与党を追及していたが、秋氏は不正を否定。検察の判断を根拠に、与党は早期収拾を図りたい考えだ。