【香港共同】台湾へ密航しようとした香港の民主派活動家ら12人が中国海警局に違法越境容疑で拘束された問題で、中国広東省の公安当局は28日までに正式逮捕の方針を香港警察に通知した。香港警察が明らかにした。

 拘束から1カ月以上経過したが、中国当局は家族らが手配した弁護士の接見を認めていない。家族らは中国当局の対応に不安を募らせている。ポンペオ米国務長官もこの事件への懸念を表明するなど、国際的な関心も高まっている。

 香港メディアによると、12人は民主活動家の周庭氏らと共に香港国家安全維持法(国安法)違反の容疑で8月に逮捕、保釈された民主派団体メンバーら。