甲府地方気象台は28日、富士山が初冠雪したと発表した。平年より2日早く、昨年より24日早い。気象台職員が出勤後、山頂から麓に向かって薄く積雪しているのを、目視で確認した。

 気象庁のアメダス(地域気象観測システム)によると、標高3775メートルにある観測点では、28日午前0時に氷点下5・1度まで下がった。山梨県内では27日に一時降水を観測しており、富士山では雪だったとみられる。静岡県側の御殿場市でも、市職員が28日朝、積雪を確認した。

 21日には麓の山梨県富士吉田市が、山頂付近の冠雪を確認し「初雪化粧」を宣言していた。