内閣府は26日、性暴力の被害相談先として10月から導入する全国共通短縮ダイヤルの番号を「#8891」とすることを決めた。各都道府県に設置されている最寄りのワンストップ支援センターにつながることから「#早くワン(ストップ)」と覚えてもらう。分かりやすい番号によって、被害に遭った直後から助けを求めやすくする狙い。

 ワンストップ支援センターは、被害者の負担をできるだけ軽減するため、産婦人科での診察やカウンセリング、警察や弁護士の紹介などを1カ所で提供する。各都道府県に1~2カ所あるが、電話番号は各施設によって異なる。