BS12トゥエルビのゴルフ番組「戦略のゴルフ」(毎週日曜)に、10月4日から3週連続ゲストで登場するお笑いタレントの関根勤。プレー歴46年の関根は「他の趣味と違い、芸能生活と100パーセント離れられる。次の日は頭の回転が速くなる」と、その魅力を語る。

 番組はアマチュアゴルファーがプレーする映像を見て、プロがスコア向上やコース戦略のアドバイスを送る。収録の際、ベストスコア69の腕前の関根に芹沢信雄プロが「戦略がよく分かっている」と感心する場面もあった。自身は「楽しみ過ぎていた。もっとミスがないようにコントロールしたい」と改めて思ったという。

 芸能界に入ったばかりの21歳の頃、所属事務所の社長に「ゴルフで人生を学びなさい」とクラブセットをもらったことが、始めたきっかけ。芸人仲間と回ることが多く「(明石家)さんまさんはキャディーさんに『次のクラブは何にします』と聞かれて『5番アイアンとキャディーさんの愛を下さい』って」と、ラウンド中の笑い話には事欠かない。

 関根も番組でのプレー中はものまねを交え、ゴルフを知らない人でも思わず笑ってしまうノリだったが、普段は「お笑い芸人を忘れて、ゴルフに集中しちゃう」。

 娘でタレントの麻里の長女に、自分のパターを短くした物を与えたそうだ。「一緒に回りたい。もうすぐ5歳だから、あと5年くらいすればねえ」と頬を緩ませた。