広島県警は24日、パトカーの追跡から逃げるために急ブレーキをかけるなどしたとして、道交法違反(あおり運転・著しい危険、信号無視)の疑いで、住所不定の土木作業員の男性(52)を書類送検した。県警によると「妨害はしていない」などと否認している。

 書類送検容疑は7月15日午前1時55分ごろ、広島市安佐北区の国道などで、信号無視をしたり急ブレーキをかけて衝突させたりしてパトカーの運転を妨害した疑い。

 県警によると、男性は停車中に職務質問を受け、車で逃走。県警は道交法違反(信号無視)の疑いで男性を現行犯逮捕した。所持品から覚醒剤が見つかった。