厚生労働省がまとめた2020年版自殺対策白書の概要が23日、判明した。中高年・高齢者の自殺を巡る状況について初めて詳細な分析を行った。全体を通じて原因・動機で最も多いのは「健康問題」。一方で中高年(40~64歳)と前期高齢者(65歳~74歳)で2番目に多いのは「経済・生活問題」だったのに対し、後期高齢者(75歳以上)では「家庭問題」だった。

 自殺対策白書は今秋に閣議決定される見通し。中高年を男女別にみると、いずれも最多となる健康問題以外については、男性で「生活苦」など経済・生活問題、女性で「夫婦関係の不和」などの家庭問題が多かった。