三原じゅん子厚生労働副大臣は23日、初登庁し、記者会見で「不妊治療は経済的負担だけではなく、女性は精神的、身体的にも大変な苦しみを伴う」と述べ、働き方なども含め、包括的な支援が重要との見方を示した。菅義偉首相が目指す不妊治療への保険適用に関し、できるだけ早く進めるべきだとの考えも強調した。

 三原氏は主に労働や子育て、年金の分野を担うという。

 三原氏は、首相が掲げる「自助・共助・公助」を念頭に「困っている時に手を差し伸べることができる『公助』をしっかりと議論していく。(職務に)全身全霊を傾ける」と語った。