ヤクルトは一回に1番の浜田から青木、山田哲と3者連続本塁打で3点を先制した。六回には4長短打で4点、七回には村上のソロで加点した。小川は九回途中まで6失点で9勝目。広島は九回に5点を奪ったが反撃が遅かった。