東京都の小池百合子知事は2日、高齢者施設や障害者施設での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ都独自の検査費用約30億円などを盛り込んだ総額約3400億円の補正予算案を今月18日開会の都議会定例会に提出すると明らかにした。都庁で報道陣の取材に答えた。近く詳細を発表する。都による新型コロナ対策の関連予算は総額で1兆7千億円近くとなる。

 施設での検査は利用者や職員らが対象。小池氏は秋冬にかけてインフルエンザとコロナの流行が重なる事態に備え、高齢者にインフルの予防接種を促進する施策を講じるための費用を補正予算に計上する意向も示した。