国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は2日、企業と共同で医療用マスクを開発し、気管挿管など患者から微粒子が発生する場面で使用が推奨されるN95規格と同等の高い機能を確かめたと発表した。使い捨てではなくフィルター交換式にしてコストを抑え、新型コロナウイルスに対応する医療現場の需要に応えることを目指す。年内にも販売開始する。

 センターによると、N95マスクは輸入品に頼っているが、原則使い捨てなのに品不足のため繰り返し使用したり、サイズが合わないまま装着したりしているのが現状だ。

 新たなマスクは、本体数千円、フィルター数百円で製品化を目指す。