JR西日本は2日、台風9号の強風による影響が見込まれるとして、山陽新幹線の広島―博多間で、3日始発から午前8時ごろまで運転を見合わせると発表した。

 JR西によると、この区間で3日未明に強風が吹くと予想されており、線路や設備の点検が必要なため。対象となる列車を予約済みの乗客には、手数料なしで払い戻しや変更を受け付ける。

 また山口県の新山口駅以西の在来線では2日午後6時以降、運休や遅れが出る可能性が高いとしている。