2日午前1時45分ごろ、鹿児島県・奄美大島西約185キロの東シナ海を航行していたパナマ船籍の貨物船「ガルフ ライブストック1」(1万1947トン)が発信した遭難信号を第10管区海上保安本部(鹿児島)が受信した。外国人43人が乗っており、10管は現場海域に巡視船などを派遣し、貨物船を捜索している。

 10管によると、乗組員の内訳はフィリピン人39人、オーストラリア人1人、シンガポール人1人、ニュージーランド人2人。8月14日にニュージーランドを出港し、中国に向かっていたという。

 鹿児島地方気象台によると、2日午前2時ごろ、現場周辺は台風9号の暴風域内だった。