加藤勝信厚生労働相は2日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症のワクチンを巡り、将来的に実用化された場合の有用性や安全性に関し、国民への周知を徹底する考えを示した。「情報収集し、科学的知見に基づいた正確な情報を、国民にしっかりと発信したい」と述べた。

 ワクチン接種に関し「最終的には個々の判断によって打ってもらうのがベースになる」と指摘。新技術を使って開発中のワクチンを念頭に「これまでにないスタイルのワクチンもいろいろある。理解いただいた上で判断してもらえる環境をつくることが必要だ」と強調した。

 自民党の新谷正義氏らへの答弁。