公正取引委員会の委員長に就任した古谷一之氏は17日の記者会見で、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業に関し「反競争的な行為に対しては厳正に対処していきたい」と述べた。経済のデジタル化が進む中、競争政策を推進していく方針を示した。

 プラットフォーマーを巡っては、消費者がさまざまなサービスを受けている一方で「独占、寡占にありがちな事業の性格を持っている」と指摘。引き続き実態の把握に努め、独禁法上の考え方を整理すると説明した。

 また、菅義偉首相が重視する規制改革の議論について「競争当局としても貢献できる部分は大きく、積極的に参画したい」と語った。