自民党の岸田文雄前政調会長は17日、共同通信放送協議会運営委員会で講演し、次期総裁選に向けた決意を語った。菅義偉首相(党総裁)に大差をつけられた今回の敗因を「置かれた立場の発言にこだわり、殻を破れなかった」と分析。地方での知名度不足と併せて課題を克服し、来年9月に向けて力を蓄える姿勢を強調した。

 岸田氏が率いる岸田派では、政権獲得の戦略として、池田勇人元首相が創設した宏池会の流れを共にくむ麻生派や谷垣グループを再結集する「大宏池会」構想が取り沙汰された時期もあった。総裁選では谷垣グループの一部が岸田陣営に加わる一方、麻生派は早々に菅首相支持を打ち出した。