大相撲秋場所5日目(17日・両国国技館)両大関はそろって完勝だった。朝乃山は玉鷲を押し出し、3連敗から2連勝。貴景勝は妙義龍を押し出して4勝1敗とした。

 3関脇は正代が北勝富士を押し出し、4勝目を挙げた。御嶽海は照強を引っ掛けで退けて3勝目。新関脇の大栄翔は先場所優勝の照ノ富士に寄り切られ4敗目を喫した。

 5連勝の平幕阿武咲が単独トップに立ち、貴景勝ら7人が1敗で追う展開。5日目終了時点で全勝が平幕1人だけなのは、2017年秋場所の阿武咲以来。