Jリーグは17日、J3秋田が2014年開幕戦から19年開幕戦までの主催試合計85試合で、リーグの規約に反して虚偽の入場者数を報告していたとして、罰金400万円の処分とすると発表した。

 Jリーグによると、秋田は入場者数を正確にカウントできておらず、(1)入場口で数えた人数の10%程度(2)入場者数には算入できない運営ボランティアやスタッフ、出店者、メディア関係者を1試合平均で75~120人―をともに加えて公式入場者数として報告していた。

 秋田は「Jリーグが定める正しい算定方法を把握できていなかった」と意図的ではなかったと説明している。