不適切会計問題などを受け2015年に上場を廃止していた、キノコ生産販売の雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)が17日、東京証券取引所第1部に株式を5年ぶりに再上場した。初値は公開価格の1株2200円を下回る2100円で、終値は2090円だった。

 終値に基づく時価総額は約832億円で、日本取引所グループによると、今年のこれまでの国内上場では最大規模。

 上場を受け、コメ卸売事業の神明ホールディングス(HD、神戸市)が保有比率を増やし、連結子会社化した。

 雪国まいたけの足利厳社長は上場後に記者会見し「今後もマイタケの市場拡大や需要創出に取り組みたい」と述べた。