警視庁組織犯罪対策5課は17日、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した俳優の伊勢谷友介容疑者(44)が、大麻について「リラックスするために吸っていた」と供述していることを明らかにした。常習的に吸引していたとみて、使用実態を調べている。

 組対5課によると、伊勢谷容疑者は具体的な方法も供述し、乾燥大麻を手で砕いて、たばこの葉と混ぜ、巻き紙に包んで吸っていたと説明しているという。同課はアルミホイルで自作したパイプと、大麻とたばこを混ぜる器として使っていた貝殻を押収した。

 入手ルートについては話しておらず、同課は携帯電話の解析などを通じ引き続き調べる。