NTTドコモは16日、電子マネー決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預貯金引き出し被害が同日午前0時時点で145件・計2678万円に拡大したと発表した。15日時点から2件・計2万円増えた。ドコモは16日、金融庁に原因や今後の対応などについて報告書を提出した。

 また連携先の35銀行のうち、新たにスルガ銀行(静岡県沼津市)がドコモ口座へのチャージ(入金)を止めたことも明らかにした。停止した銀行は16日午前10時時点で28行になった。

 金融庁は報告書の内容を精査し、行政処分の要否などを検討する。