【ワシントン共同】米商務省が16日発表した8月の小売売上高(速報値、季節調整済み)は前月比0・6%増の5375億2600万ドル(約56兆4千億円)だった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための営業規制が緩和され、前月比プラスが続いた。ただ伸び率は7月(0・9%)から縮小した。

 業種別では、衣料品が2・9%増。自動車は0・2%増、ガソリンスタンドは0・4%増加した。外食も4・7%増。インターネット通販など無店舗小売りは横ばい。食料品店は減少した。

 全体の前年同月比は2・6%増。月ごとの変動が大きい自動車・同部品を除いた売上高は前月比0・7%増だった。