【ソウル共同】韓国大統領府は16日、文在寅大統領が菅義偉首相に就任を祝う書簡を送ったと発表した。書簡では、菅氏の在任中に日韓関係をより発展させるため「共に努力していこう」と伝えたという。文氏は日本政府を「地理的・文化的に最も近い友人」と表現し、「いつでも向き合い、対話する準備ができている。日本側が積極的に応じることを期待する」との意向を示した。

 大統領府関係者は「懸案を対話で解決するとの立場を強調したもの」と説明。新内閣発足をきっかけに関係改善の糸口を探りたい考えだ。

 大統領府によると、文氏は安倍晋三前首相にもこれまでの努力をねぎらう書簡を送付した。