東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は16日、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長とテレビ会議を行い、菅義偉氏の新首相就任を報告した。森氏は終了後に取材に応じ、首相とバッハ氏が来週の23日以降に電話会談を行う方向だとし、バッハ氏からは、10月末に来日して菅氏や安倍晋三前首相と会談したいとの希望を伝えられたことも明らかにした。

 森氏はバッハ氏とのテレビ会議で、橋本聖子五輪相と、スポーツ政策を担う萩生田光一文部科学相が再任されたことが、新政権として五輪を重視していることの「一つの表れだ」と伝達したという。