気象庁の関田康雄長官は16日の記者会見で、ホームページ(HP)に掲載基準に沿わない可能性がある広告が掲載されたことに関し「再発防止に努める」との考えを示した。全ての広告の掲載を一時停止し、委託業者とともに経緯を調べる方針。当面、本来は広告が掲載される欄に「広告枠」と表示する対応を取る。

 気象庁によると、HPへの広告掲載は15日午後2時に運用を開始したばかり。同日から不適切な表示が見つかり、16日午前9時までに、基準に合わない広告約100件の掲載を停止する事態になった。

 現在、中央省庁で、HPに広告を掲載している例はない。