日本製紙は16日、キャップ付きでペットボトルの代わりになる新たな紙容器の完成発表会を東京都内で開いた。粘度が高いスープなどにも対応でき、常温で長期保存が可能なことが特長で、プラスチックの使用量削減に貢献する。

 従来は固形物が入ったり、粘度が高かったりする飲料などは詰め込めなかったが、充填システムを四国化工機(徳島県北島町)と開発。11月から飲料メーカーを中心に充填機の受注を開始する。新容器はタピオカのような固形物が入った飲料、果肉入り果物ジュースやドレッシングなど幅広い活用を見込む。

 野沢徹社長は「ペットボトルの代わりになる強力な製品だ」と強調した。