JR東日本は16日、これまで未定としていた2021年3月期連結業績予想を発表し、純損益が4180億円の赤字(前期は1984億円の黒字)に転落するとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大による鉄道利用者の激減が響き、通期では1987年の民営化以降で初めての赤字となる。

 JR東は、21年3月期の連結売上高が前期比34・5%減の1兆9300億円、本業のもうけを示す営業損益が5千億円の赤字(前期は3808億円の黒字)になると見込んだ。