【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は15日、米連邦取引委員会(FTC)が年内にも、米交流サイト大手フェイスブック(FB)が独占禁止法(反トラスト法)に抵触しているとして訴訟を起こす可能性があると報じた。関係者の話として伝えた。

 FTCは昨年から、FBが不当に競争を妨げていないかどうかの調査を進めている。最終決定はされていないという。FBは敗訴すると、事業運営に制限を受ける可能性がある。

 訴訟の詳細は不明。FBは、写真共有アプリ「インスタグラム」と通信アプリ「ワッツアップ」の買収について、競争の芽を摘んだとの指摘が出ている。