立憲民主党との合流に参加しなかった国民民主党などの国会議員15人が結成した新「国民民主党」は15日、設立大会を東京都内で開いた。代表には国民から引き続き玉木雄一郎氏が就任。幹事長に参院議員の榛葉賀津也氏が起用された。政調会長には、無所属で国民の参院国対委員長を務めていた舟山康江氏を充てた。

 メンバーは衆院7人、参院8人。玉木氏は「政策提案型の立ち位置を守り抜き、さらに深化させていかなくてはならない」と結党の狙いを強調した。

 代表代行に前原誠司元外相と、国民の参院議員会長だった大塚耕平氏が就任。国対委員長に古川元久、選対委員長に岸本周平両衆院議員が就いた。