奈良県立医大は15日、渋柿を砕き発酵させた「柿渋」に、新型コロナウイルスの感染力をなくす不活化効果があるとの実験結果を発表した。ただ現状は論文を準備している段階で、専門家の審査を経て公刊されてはいない。実験の詳細も「特許出願中のため」として明かさなかった。

 実験は伊藤利洋教授(免疫学)らが実施。ウイルスの入った液体を、柿渋(柿タンニン)の液体に加え、細胞に侵入する能力が失われるかどうかを調べた。複数の濃度で実験したが、濃度の数値は公表しなかった。

 記者会見した伊藤教授は「今回は試験管内の研究だ」と強調。感染抑制に役立つことを直接示してはいないと説明した。