自民党の菅義偉総裁(71)は15日、臨時総務会に二階俊博幹事長(81)ら党四役人事を諮り、正式決定した。他に了承されたのは佐藤勉総務会長(68)、下村博文政調会長(66)、山口泰明選対委員長(71)。幹事長が指名する森山裕国対委員長(75)の続投も決まった。菅氏は党役員人事の決定を受け、16日発足の新内閣人事に向けた調整を本格化。16日の首相指名に備える。

 菅氏と公明党の山口那津男代表は国会内で党首会談に臨み、連立政権樹立の合意文書に署名。新型コロナウイルス対策への注力やデジタル化推進を明記したほか、衆参両院憲法審査会の審議促進を盛り込んだ。