東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに191人報告されたと明らかにした。重症者は前日から1人減の21人。累計は2万3274人となった。

 都内の感染者は8月上旬のピーク時に400人台となり、中旬以降は緩やかな減少傾向から横ばいの状況となっている。

 都は10日、感染状況の警戒度を4段階の指標で最も深刻なレベルから2カ月ぶりに「再拡大に警戒が必要」へ1段階引き下げ。23区内で酒類を提供する飲食店やカラオケ店に続けている午後10時閉店の時短営業要請は15日夜で解除とした。