新型コロナウイルスの影響で販売が激減し、閉店や経営破綻が相次ぐアパレル業界。一方で、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングや作業服大手のワークマンなど、コロナ禍でも順調に売り上げを伸ばしている企業もある。明暗を分けているキーワードは「快適さ」と「目的買い」「郊外店」だ。

 ユニクロの8月の国内既存店とインターネット通販の合計売上高は前年同月比29・8%増、来店客数も26・0%増と大きく伸びた。広報担当者は「家で過ごしやすい服として選ばれている」と分析。ワークマンは8月の既存店とネット通販の合計売上高が10・9%増と2桁増が続く。