文部科学省は15日、教員免許失効情報をまとめたシステムの運用を見直し、わいせつ行為などでの懲戒免職処分歴を教育委員会が閲覧できる期間を現行の3年から40年に延長すると発表した。第1段階として11月に5年分を閲覧できるようにし、来年2月から本格運用する。

 教育職員免許法に基づき、懲戒免職で免許失効となった教員は、その後3年間は再取得できず、処分が官報に掲載される。文科省は、検索して名前が一致した場合に生年月日などが表示されるシステムを提供しているが、3年分しか閲覧できないため、教委からは長期間の処分歴を調べたいとの要望があった。