京都の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の嘱託殺人事件で、京都地裁(伊藤寿裁判長)は14日、嘱託殺人罪に問われたいずれも医師の大久保愉一被告(42)と山本直樹被告(43)について、裁判官と検察側、弁護側が争点を絞り込む公判前整理手続きの第1回期日を10月26日に指定したと明らかにした。

 初公判の時期は未定。嘱託殺人罪は7年以下の懲役刑または禁錮刑で、裁判員裁判の対象にはならない。

 起訴状によると、2人は共謀し、昨年11月、京都市中京区のALS患者、林優里さん=当時(51)=の自宅で林さんの嘱託を受け、薬物を注入し、急性薬物中毒により死亡させたとしている。