北海道の奥尻空港から函館空港に向かう北海道エアシステム(HAC)の旅客機で、コロナ感染拡大に伴いマスク着用を求められ、拒否した乗客の男性が離陸前に機内から降ろされていたことが14日、分かった。HACは「機内の秩序を乱す行為と判断した」としている。

 HACによると、12日午後0時15分発の便で、離陸前に客室乗務員が男性にマスク着用を求めたが拒否され、理由の説明もなかったため、機長の判断で降ろした。機内には男性のほかに21人の乗客がおり、定刻より約30分遅れて出発した。同社広報は「理由を説明してくれていたら、マスク着用なしで乗れるように対応した」と話した。