自民党総裁選で敗れた岸田文雄政調会長は14日、次期総裁選に再挑戦する意欲を示した。陣営会合で結果を報告した後「今日の戦いが終わった今、新たなスタートだと思っている。総理・総裁を目指して次の歩みを進めていきたい」と述べた。

 記者団に対しても、次期総裁選に向けて「政策を磨き、力を蓄えて努力を続ける」と強調した。党則により、菅義偉新総裁の任期は安倍晋三首相(前総裁)が残した約1年間となるため、来年9月に再び総裁選が実施される。