昨年8月、東京都練馬区の遊園地「としまえん」(閉園)のプールで、遊具の下に入り込み死亡した埼玉県朝霞市の小学3年森本優佳さん=当時(8)=の遺族が、安全管理を怠ったなどとして、経営する西武鉄道など4社に計約7500万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(中村心裁判長)であった。4社はいずれも請求棄却を求めた。

 遺族側は、遊具の下に入り込むのを防ぐネットなどが設置されておらず「安全配慮義務を怠った」と主張している。

 西武鉄道は「ご遺族には改めてお悔やみ申し上げる。主張は訴訟手続きの中で明らかにする」とのコメントを出した。