拡声器を使ってヘイトスピーチをして朝鮮学校の社会的評価をおとしめたとして、名誉毀損罪に問われた「在日特権を許さない市民の会(在特会)」元幹部の西村斉被告(51)の控訴審判決で、大阪高裁(長井秀典裁判長)は14日、罰金50万円とした一審京都地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 昨年11月の一審判決は同罪の成立を認める一方、日本人拉致という公共性の高い事柄を明らかにする意図で「公益を図る目的があった」とし、懲役1年6月の求刑に対しより軽い罰金刑を言い渡していた。控訴審判決で長井裁判長は「公益目的」の有無についての判断は示さなかった。