沖縄タイムス社(那覇市)は13日、新型コロナウイルスに関連した国の持続化給付金100万円を不正受給した40代の男性社員が、他にも新型コロナ対策関連で80万円を不正に借り入れていたと発表した。社員は県警の事情聴取を受けている。

 那覇市で13日に記者会見した沖縄タイムス社の武富和彦社長は「信頼を裏切り、社会を欺く不正行為の責任を重く受け止めている。心よりおわび申し上げる」と謝罪した。社内で検証委員会を立ち上げ、不正行為の背景や再発防止策をまとめる方針。

 また、タイムス印刷の30代の男性係長も、緊急小口資金20万円を不正に借り入れていたと公表した。